冷蔵庫の処分方法6選

冷蔵庫は家電リサイクル法にそって処分しなければいけません。廃棄物を少なくし、資源の有効活用をするためです。ここでは、冷蔵庫を処分する6つの方法を紹介します。

処分方法①買い取ってもらう

基本的に冷蔵庫を処分するにはお金がかかります。ですが、まだ新しくて使用可能な冷蔵庫であれば買い取ってもらうことができます。冷蔵庫の買い取ってもらえる目安は、製造から5年以内です。
リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどで、冷蔵庫は買い取ってもらうことができます。

処分法②不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼することもできます。不用品回収業者であれば、自分の都合の良い日時に家まで冷蔵庫を回収しに来てくれます。面倒な手続きも不要です。不用品回収業者に問い合わせをして、冷蔵庫を回収してほしい旨を伝えるだけでオッケーです。

処分法③冷蔵庫を買い替える場合は販売店に引き取ってもらう

冷蔵庫を買い替える場合は、新しい冷蔵庫の販売店に、不要になった冷蔵庫を引き取ってもらう方法があります。冷蔵庫を購入するお店に相談しましょう。ただし、リサイクル料金や収集運搬料金がかかります。ですが、新しい冷蔵庫を搬入するのと同時に古い冷蔵庫を引き取ってもらえるので手間はかかりません。

処分法④処分したい冷蔵庫を購入した店に引き取ってもらう

処分したい冷蔵庫を購入したお店に、冷蔵庫を引き取ってもらうことも出来ます。家電リサイクル法によって、販売した冷蔵庫の処分を受け付けるよう店舗は義務づけられています。なので、引き取りを断られることはありません。ただし、冷蔵庫を引き取ってもらう際に、リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。

処分法⑤市区町村に問い合わせる

処分したい冷蔵庫を購入したお店がわからない場合や購入店が遠い場合は、市区町村に問い合わせるという方法もあります。条例に則った冷蔵庫の処分方法や、冷蔵庫を引き取ってくれるお店や業者を紹介してもらえます。この場合も、リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。

処分法⑥指定の取引場所に持ち込む

家電リサイクル券という用紙が郵便局にあります。家電リサイクル券に必要事項を書き込み、郵便局の窓口でリサイクル料金を支払います。すると、最寄りの指定引取場所に冷蔵庫を持ち込むことができます。家電リサイクル券を用いる方法では、自分で冷蔵庫を指定引取場所まで持ち込まなければいけません。そのため、収集運搬料金はかかりません。

ルールを守って冷蔵庫を処分しよう

冷蔵庫を処分する方法は主に以下の6つです。

  • 買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • 冷蔵庫を買い替える場合は販売店に引き取ってもらう
  • 処分したい冷蔵庫を購入した店に引き取ってもらう
  • 市区町村に問い合わせる
  • 指定の取引場所に持ち込む

冷蔵庫は家電リサイクル法にそって処分しなければいけません。ルールーを守って、気持ちよく冷蔵庫を処分しましょう。

当サイトでは不用品回収をお考えの方のために、おすすめの不用品回収業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

おすすめの記事