テレビの処分方法5選

家電リサイクル法により、テレビは粗大ゴミとして捨てることはできません。
ここでは、冷蔵庫の正しい処分の方法を5つ紹介します。

市区町村の家電リサイクル品目の収集サービスを利用する

市区町村によっては、テレビを含む家電リサイクル品目の収集サービスを行っていることがあります。簡単な申し込みするだけで、テレビを引き取ってもらうことができます。自治体の運営するサービスなので安心です。
市区町村の収集サービスを利用する際は、指定された位置まで、家の中からテレビを運び出す必要があります。また、運搬料とリサイクル料金を自分で負担します。運搬料とリサイクル料の総額の相場は、15型以下のテレビで4,500円、16型以上のテレビで5,600円程度です。

買い替える場合は、家電量販店に引き取ってもらう

テレビを買い替える場合は、家電量販店に不要になったテレビを引き取ってもらうことも出来ます。
テレビを含む家電リサイクル品目には、ルールがあります。買い替え時に古い方の家電を引き取ってほしいと依頼された場合、家電量販店は断ることができないというものです。家電量販店に引き取ってもらう場合は、新しいテレビの設置の際に、要らなくなったテレビの引き取りもしてもらえます。そのため、時間的なロスがありません。また、テレビを自分でどこかへ運ぶ必要がないため、負担もかかりません。
費用は家電量販店によって変わります。店頭やホームページなどで、料金は確認できます。

購入元の家電小売店に引き取ってもらう

処分したいテレビの購入元の家電小売店に引き取ってもらうこともできます。実店舗はもちろん、ネット通販オンリーの会社でもテレビの引き取りに対応してもらえます。
販売店が自宅までテレビを引き取りに来てくれるので手間がかかりません。ただし、リサイクル料金や運搬料金がかかるので、申し込む前に該当家電小売店に確認するようにしましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに不要になったテレビを買い取ってもらうという方法もあります。ただし、状態の良いテレビや、比較的新しいテレビでなければ、買い取りをしてもらえないこともあります。まずは査定をしてもらうとよいでしょう。

不用品回収業者にテレビを回収してもらう

不用品回収業者に要らなくなったテレビを引き取ってもらうこともできます。
電話やメールで問い合わせるだけですぐに引き取りに来てもらえます。なので、不用品回収業者への依頼は忙しい人におすすめです。テレビの大きさなどを伝えれば、回収料金の見積もりがもらえます。見積もりは無料でしてくれる不用品回収業者が多いです。気軽に問い合わせてみましょう。

ルールを守って正しくテレビを処分しよう

テレビを処分する方法は、主に以下の5つです。

  • 市区町村の家電リサイクル品目の収集サービスを利用する
  • 買い替える場合は、家電量販店に引き取ってもらう
  • 購入元の家電小売店に引き取ってもらう
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

テレビは家電リサイクル法によって、粗大ゴミとして処分することはできません。ルールを守って、正しくテレビを処分しましょう。

当サイトでは不用品回収をお考えの方のために、おすすめの不用品回収業者をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。

おすすめの記事